«

»

1月 22

ハードボイルド京都物語 第2話 謎の男

ここまでのあらすじ

「俺」は相棒KYと京都へ向かっていた。なんだかんだあってとうとう飛行機に乗り込む事にしたのであった。

 

 

 

第2話 謎の男

   

CAさんの優しい笑顔に安心しつつ飛行機で爆睡した俺たちは、
 

〜省略〜

 

 

京都に着いた。


 

 

 古都京都。

 

今では世界有数の国際都市である。

 

このいにしえの街で俺は新たな事件が起こることを予感した。

 

 

ふと、俺は怪しい気配を感じとっさにカメラを構え夢中でシャッターを押した。

  
 

この面がまえ。隙の無い身のこなし。

その男のオーラはそいつが只者では無いことを物語っていた。

こいつはヤバイ…!

写真を撮られたことに気づいていなければ良いが…。

この男が放つ強い殺気を感じた俺はしばらくこの男の後をつけることにした。

 

男の標的はどうやら白河青年会議所という団体の構成員らしい。辺りを用心深く伺う男の姿は少しマヌケだった。

  
 

 

しかしそこにはもう一人いた。

 

須賀川のボス、NABEだ。

  
 

 

彼は縄張りである須賀川から離れないはず。

一体この京都で何が行われようとしているのか。

つづく。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>